ハイブリットセラミック High Bullitt ceramic
 
70%の無機ガラス(超微粒子フィラー)と30%の有機ガラス(高密度架橋活性材料)の細かい粒子から出来ていて、
保険治療のレジン素材(合成樹脂)とセラミックのちょうど中間の素材です。
 
ハイブリットとセラミックの違い
両方とも色調は白い天然の歯の色となりますが、長期的な色の変化はハイブリットの方がセラミックと比較すると少し変色してきます。硬さもハイブリットの方がセラミックと比較すると柔らかいです。
 
 
自分の歯に合わせやすい色なので、自然で目立ちません。
 
歯と同じ硬さなので、自然な噛みごごちですが割れにくいです。
 
 
金属アレルギーの心配がありません。
 
セラミックよりも安価です。
 
 
あくまで素材は超高品質のレジンであり、セラミック100%ではないので、セラミックに比較すると耐久性が少し劣ります。
 
 
 
 
 
治療期間:
約1週間 (2回の来院)
治療費用:
5万円…1本につき
 
 

 
< 前へ   次へ >